キャッシングドクターすぐる

このサイトについて

キャッシングで一番大事になるのが最初の業者選び。自分にあった業者をしっかり見つけておかないと後々つらい思いをすることになるかもしれません。

 

業者を適当に選んで、いざ使ってみる。やっぱり違う、別の業者に乗り換えたい!と思ってももう手遅れです。そこにはもう既に借金があるのですから。借金をやっとの思いで完済して、乗り換えようにも、また申し込み、審査と面倒な作業を行わなければなりません。しかも無事に審査に通る保障は無いですよね。

 

さて、最初の業者選びがとても肝心だということがわかったと思います。当たり前の話をしているようですが、このミスをしてまう人が意外にも多いんです。業者と人間一人一人には相性があります。確かに使ってみてからでしかわからないこともたくさんありますが、使ってみる前になるべく各業者について知って、失敗の確率を下げることも大事です。このサイトでは有名な業者の特徴、メリット、デメリットなどを発信していきます。業者選びに苦戦している人は参考程度に見てみてください。

 

このサイトは広告収入を目的としたサイトではないのであくまで中立的で平等な情報のみを取り扱います。管理者個人が有利になるような情報は掲載しません。

 

 

銀行と消費者金融

 

まず業者選びの第一歩として銀行か消費者金融、どちらを利用するかを決めなければなりません。

 

銀行カードローンは、大手銀行が運営しているところが多いので、安心感がウリです。三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンのほか、いろいろな銀行の広告が賑わっています。また、金利も比較的安いのでだちらがお得かと言われれば銀行かもしれません。

 

一方の消費者金融では、アコム、プロミス、レイクなど、これまた銀行にも負けないほどのビッグネームは揃っています。消費者金融といっても、大手銀行が母体であったりする会社も少なくありません。ただし中小消費者金融の場合は、悪質なケースも稀にあるので、借入には注意が必要です。

 

目立った違いをあげるとするならば、審査のスピードが1つだと言えます。消費者金融は、すぐにお金が必要な場合に力を発揮します。誰にでも当てはまるわけではありませんが、比較的早めに審査を通過できるとされています。一度、審査に通ってしまえばコンビニからでも引き出せるので、利便性からいえば、消費者金融が優位です。サービスが多いのも消費者金融です。

 

銀行カードローンは、消費者金融より審査が厳しいため、審査に通りづらいと言われています。従って時間もそれ相応にかかる傾向があります。ただしどちらをとってもお金を借りているのは事実。審査に通らない人は通りません。今自分が借入をしても良い状況なのか充分に考えてからの申し込みをおすすめします。

 

延滞をすると、遅延損害金などが発生するので、支払額が結果的に増えてしまいます。これはどこを利用しても共通して発生するので注意しなければなりません。借入には、計画性がなによりですので、返済能力があるかどうかを確認するのが大切です。